NPO法人日本茶インストラクター協会静岡県支部・静岡ブロック
ホーム
サイトマップ
静岡県支部の活動
ごあいさつ
イベント
研修会
セミナー
今後の活動予定
日本茶インストラクターとは
認定制度
通信教育講座
認定試験
会員の皆様へ
各種申請書・報告書
貸出し茶器について
呈茶エプロン販売
お問い合せ
静岡ブロック掲示板
求人情報
日本茶関連リンク集
静岡県支部事務局
所在地
研修会
ポイント
茶手揉み実技講習会 (H27.3/8 内牧公民館)
茶手揉み実技講習会
茶手揉み実技講習会
 まだ寒さが残る3月上旬の日曜日、静岡市葵区内牧公民館で、手揉み茶の体験研修がありました。
 緑茶に接する機会はわりと多いのですが、手揉みのお茶は一般の製茶機械で作られるお茶に比べ、飲む機会も少なく、さらに手揉み茶作りという貴重な体験が出来るということで、とてもワクワクしていました。
 他の参加者の皆さんも同じだったようで、集合時間前から盛り上がっていて、素晴らしい雰囲気の中、静岡市手揉み保存会の皆様のご指導のもと、6グループに別れて、体験研修しました。手揉み茶の工程はDVDでみたことがありますが、とてもテンポよく、リズミカルに楽しそうにやっているのが印象的だったような気がします。
茶手揉み実技講習会
茶手揉み実技講習会

 冷凍しておいた蒸し葉を、110℃に熱したホイロの上で、
  ①葉振い ②回転揉 (軽回転・重回転)
  ③玉解き ④中上げ (ここで休憩、昼食)
  ⑤揉切り ⑥転繰揉(散らしでんぐり・強力でんぐり)
  ⑦こくり ⑧乾燥
の工程を手揉み保存会の方に御指導を受けながら、グループの方みんなで力を合わせて手揉み茶の製造体験が出来ました。

 手揉み保存会の方がやると簡単で楽しそうにみえるのに、いざやってみると、思うように揉めず、水分量と温度と時間を気にしながら、丁寧に揉んでいくという、とても繊細で重労働であるということに気づかされました。皆さんも手揉みにてこずっていたようです。
 しかし乾燥が終わりお茶が出来上がった時には、感動の声が上がってました。
 終始和気あいあいと心地よい雰囲気のもと、グループごとに出来た手揉み茶(荒茶)を手揉み保存会の方々が鑑定してくださり、部門別の優秀グループの発表をしました。

茶手揉み実技講習会
茶手揉み実技講習会
茶手揉み実技講習会 茶手揉み実技講習会

おみやげに自分たちで作った手揉み茶を頂き、お家で飲んでみましたが、上質でまろやかな素晴らしいお茶でした。
 皆さん自分たちで手揉みしたお茶の味はいかがでしたか?
 今回の手揉み茶実技講習会を通じて学ぶ楽しさと苦労して出来た時の喜び、実際に自分たちで作ったお茶を飲んだ時の感動、県支部会員の皆さんとのふれあい・・・とても有意義で素晴らしい1日になりました。本当にありがとうございました。
 今後の活動にも、多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。

15-3583 大石 浩之 (広報担当)
事業名 茶手揉み実技講習会
主催 日本茶インストラクター協会静岡県支部
開催日 平成27年3月8日(日)
会場 内牧公民館(静岡市)
参加者 27名
ライン
ポイント
茶の鑑定研修と救命救急講習会 (H27.2/8 叶テ岡茶市場)
茶の鑑定研修と救命救急講習会
茶の鑑定研修と救命救急講習会
茶の鑑定研修と救命救急講習会 茶の鑑定研修と救命救急講習会

 2月8日(日) 「日本茶AWARD 2014 プラチナ受賞茶」の試飲評価と救命救急講習会が叶テ岡茶市場にて実施されました。
12月6日、7日に東京渋谷ヒカリエにて行われたお披露目会「TOKYO TEA PARTY」で、プラチナ受賞茶の19点を消費者が審査、日本茶大賞が決定しました。
 今回の「茶の研修会」ではその受賞茶を6つのテーブルに配置し、参加者が持参したマイ急須と湯呑で試飲しました。
かなりのお茶を飲むことになるのでお菓子でも用意しようかと考えましたが、そこは研修会ということもあり、品評会と同様に梅干しと氷砂糖を口にしながらグループ毎に全ての受賞茶を試飲評価し、最後に全員で挙手による投票を行いました。
 本選では、プラチナ大賞「鹿児島鞄チ香園深蒸し茶」「宮崎(有)井ヶ田製茶北郷茶園煎茶」でしたが…今回の結果で1番人気は「静岡土屋裕子普通煎茶」でした。
 次いで同ポイントで「長崎(有)茶友蒸製玉緑茶あさつゆ」と「宮崎(有)井ヶ田製茶北郷茶園煎茶おくみどり」4番人気は「静岡森内吉男普通煎茶蒼風」でした。
 そして、今回は初の試みとなる「救命救急講習」を行いました。
消防署員によるAED講習ということで、胸骨圧迫自動体外式除去細動器の使用方法を学び「救命体験コース」を受講することができました。
 研修終了時には今回エントリーの出品茶を参加者全員で分け、お持ち帰りいただき満足のいく内容の研修会だったかと思います。
 また、募集人員50名に対し54名と参加者も多く大変充実した研修会となりました。

06-1629 寺田 光良 (研修担当)
事業名 茶の鑑定研修と救命救急講習会
主催 日本茶インストラクター協会静岡県支部
開催日 平成27年2月8日(日)
会場 叶テ岡茶市場(静岡市)
参加者 54名
ホーム
line
Copyright(C)2007 Nihoncha Instructor Association Shizuoka Branch. All Rights Reserved.